WiseChip が世界初の 2.7 インチの 黄色 PMOLED Hyperfluorescence™ OLED ディスプレイを発表

台湾の PMOLED デ ィ ス プ レ イ ソ リ ュ ー シ ョ ン プ ロ バ イ ダ ー で あ る WiseChip Semiconductor Inc.-智晶光電股份有限公司は Kyulux の第 4 世代、HyperfluorescenceTM OLED 発光技術を利用した 2.7 インチの黄色 PMOLED ディスプレイ製品を発表しました。
これは、HyperfluorescenceTMディスプレイとして世界初の商品となります。

HyperfluorescenceTM/ TADF 材料のサプライヤーである Kyulux は、WiseChip と 2016 年からコラボレーションを開始しており、Kyulux が誇る第 4 世代の OLED 発光技術―HyperfluorescenceTMは、コストパフォーマンスに優れた長寿命かつ高純度の発色、更には高効率な発光と高品質を実現する究極の発光技術として注目されています。

WiseChip はこの HyperfluorescenceTM発光技術を採用することで、シンプルでありながら非常に高性能な OLED ディスプレイを実現することができました。

たとえば、2.7 インチ、128 x 64 ピクセルアレイのイエローHyperfluorescenceTM OLED ディスプレイは、PMOLED ディスプレイ技術の利点を生かし、同じ消費電力で一般的な蛍光材料を使用した時より 2.5 倍明るい 220nit を達成、なおかつ、デバイス構造の最適化と適切な材料選択により製品の寿命を 5 万時間以上改善することに成功しています。

WiseChip は既にこの HyperfluorescenceTM発光技術を利用した OLED ディスプレイの量産供給を視野に入れており、市場拡大へ向け生産体制を構築中です。

お問合せ:info@kyulux.com

Kyulux, SID2019で最新の開発状況を公開

Kyulux CEOの安達淳治氏は、5月13日のBusiness Conferenceおよび5月14日のInvestors Conference同社の最新開発状況を発表する予定です。

安達氏は「当社のHyperfluorescenceTMによるデバイスの寿命データ各色とも大きく改善されました。
私たちは実用化に向け着実に進歩しています」と述べており、
Kyuluxはこのアップデートにより今後さらなる開発の加速見込まれています。

 

(さらに…)

Kyulux, OLED Korea 2019でTADFデバイスの最新寿命を発表

Kyulux CEO安達淳治氏は、2019年3月6日OLED Korea 2019(韓国・ソウル)に登壇し最新のHyperfluorescence™データ(写真2)と100時間の寿命(LT 95、750 nits)と22%のEQE(1000 nits)を達成する470 nmブルーHyperfluorescence™用の新しいTADFデバイスについて発表しました。

また安達CEOは、会場でWisechipのイエローPMOLEDパネルとHyperfluorescence™ OLEDプロトタイプパネルのデモンストレーションも行っています。 (さらに…)

Kyuluxが協力参加~文部科学省エントランス企画展示「未来の社会がここにある~九州大学の魅力~」

2月15日(金)〜3月25日(月)九州大学は平成30年9月にオープンした新伊都キャンパスのPRイベントの一環として文部科学省新庁舎2階エントランスにてPRイベントを開催しています。

Kyuluxはこのイベントの展示物の一つである ”The World of OPERA”(九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター)のなかで、台湾のWiseChip Semiconductor Inc. との共同開発による世界初のHyperfluorescence™ディスプレイの量産試作パネルの展示を行っています。

企画展示室は月曜日~金曜日(閉館:土日祝)10時~18時、入場は無料です。
入館は閉館の30分前までとなっております。
外部リンクに移動します