Kyulux, 福岡から世界を目指して

KyuluxのTADF/Hyperfluorescence™技術が各社新聞でとりあげられました。

今後も全社一丸となって開発に注力してまいります。
ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

Kyuluxが未来の第1歩へ「有機ELの科学と技術:現在、そして広がる未来」

11月13日(水)稲盛財団記念館(九州大学伊都キャンパス)にて、 Dr.チン・W・タン(第35回京都賞2019先端科学技術部門受賞 香港科技大教授・ロチェスター大学名誉教授)による京都賞受賞記念ワークショップ~有機ELの科学と技術:現在、そして広がる未来~開催されました。

タン博士と共に有機ELの世界を牽引してきた安達千波矢教授は、これまでのタン博士の30年の業績をたたえると共に、有機半導体エレクトロニクスの次の30年をどう切り開くかを議論しました。
式の終わりに、KyuluxのCEO安達淳治氏は安達千波矢教授(九州大学教授・Kyulux技術アドバイザー)と共に 今年10月にWisechipがプレスリリースした、世界初のHyperfluorescence™PMOLED製品のデモキットの贈呈を行いました。有機ELの生みの親であるタン博士は、30年の時を経て著しく進化したPMOLED発光パネルを手に今後の更なる発展への期待と将来の展望に胸を膨らませました。
京都賞について
「京都賞」は、科学や技術、思想・芸術の分野に大きく貢献した方々に贈られる日本発の国際賞で、「先端技術部門」「基礎科学部門」「思想・芸術部門」の3部門4授賞対象分野の専門領域において優れて顕著な功績を残した人物を対象とし、3つの部門の受賞者には、メダルやディプロマのほか賞金1億円が贈られます。

「REAL TECH キャリアデー 2019」に参加します

Kyuluxは、リアルテックファンドが主催する国内最大級のリアルテック特化型キャリアイベント「REAL TECH キャリアデー 2019」に参加します。

・日時:2019年12月1日(日) 13時~18時
・場所:株式会社ユーグレナ(東京都港区芝5-29-11 G-BASE 田町)

今回はCOO、CFO、事業開発、マーケティングなど、ビジネスサイドに焦点を当てたイベントとなり、第1部は、実際にリアルテックベンチャーのビジネスサイドで活躍する方々によるパネルディスカッション、
第2部は、リアルテックファンド投資先のベンチャー13社によるベンチャーピッチと第3部の個別面談セッションの3本立てで行われます。
第2部のベンチャーピッチにはKyulux CEOの安達淳治氏が登壇し、第3部の個別面談セッションでは、Kyuluxの担当者が事業内容や採用に関してご説明します。
福岡で最も注目されていると言われるベンチャー企業、Kyuluxの担当者と直接お話ができるチャンスです。

入場は無料ですが、参加チケットの登録をお忘れなく。
チケット登録、イベントの詳細は以下のwebページをご参照ください。
https://peatix.com/event/1354636

多数のご参加お待ちしております!

Kyulux-品質マネジメントシステム[ISO9001:2019]認証取得

株式会社Kyuluxは2019年10月11日付けで品質マネジメントシステムの国際規格
「ISO9001:2019」認証を取得しました。

Kyuluxは「TADF/Hyperfluorescence™で有機ELの未来を創る」のミッションのもと、 お客様 の期待やニーズを満足させることができるよう、 全社で品質目標達成に努め、そのシステムの 有効性を継続的に改善・向上に取り組んでまいります。

品質方針
私たちは、法令や規制などの社会的規範を守り、全社で品質マネジメントシステムを継続的に 改善しKyuluxのビジョンとミッションを実現します。

  1. 世界初のHyperfluorescence™を用いるOLEDへの採用を実現します。
  2. 大手ディスプレイメーカーのパイロットテスト採用を実現します。
  3. 高い技術目標に挑戦する納期意識の高い技術者を育成します。
  4. 生産体制確立の為、製造委託先としてふさわしい企業を確保します。

Kyuluxについて
2015年3月に設立された株式会社Kyuluxは、有機ELディスプレイや照明に用いる次世代発光材 料・技術の開発に取り組んでいます。九州大学およびハーバード大学の人工知能(AI)を用い たデイープラーニングシステムから得たライセンスをもとに、コスト競争力に優れ、高効率、 高純度の発色、さらに長寿命を実現するTADF/Hyperfluorescence™発光技術を開発しており、 有機ELの未来に向けて TADF材料とHyperfluorescence™発光技術で世界をリードします。

詳細については、https://www.kyulux.com をご覧ください。

ISO9001について
ISO9001とは、QMS(Quality Management System)とも呼ばれる国際規格のことで、ISO9000 シリーズと呼ばれる国際標準化機構(ISO)による品質マネジメントシステムの中核をなす規格 です。良い製品(サービス)を作る(提供する)ためのシステムを継続的に維持・改善するた めに要求される規格で、世界190カ国以上で導入されている品質マネジメントシステムです。

WiseChip が世界初の 2.7 インチの 黄色 PMOLED Hyperfluorescence™ OLED ディスプレイを発表

台湾の PMOLED デ ィ ス プ レ イ ソ リ ュ ー シ ョ ン プ ロ バ イ ダ ー で あ る WiseChip Semiconductor Inc.-智晶光電股份有限公司は Kyulux の第 4 世代、HyperfluorescenceTM OLED 発光技術を利用した 2.7 インチの黄色 PMOLED ディスプレイ製品を発表しました。
これは、HyperfluorescenceTMディスプレイとして世界初の商品となります。

HyperfluorescenceTM/ TADF 材料のサプライヤーである Kyulux は、WiseChip と 2016 年からコラボレーションを開始しており、Kyulux が誇る第 4 世代の OLED 発光技術―HyperfluorescenceTMは、コストパフォーマンスに優れた長寿命かつ高純度の発色、更には高効率な発光と高品質を実現する究極の発光技術として注目されています。

WiseChip はこの HyperfluorescenceTM発光技術を採用することで、シンプルでありながら非常に高性能な OLED ディスプレイを実現することができました。

たとえば、2.7 インチ、128 x 64 ピクセルアレイのイエローHyperfluorescenceTM OLED ディスプレイは、PMOLED ディスプレイ技術の利点を生かし、同じ消費電力で一般的な蛍光材料を使用した時より 2.5 倍明るい 220nit を達成、なおかつ、デバイス構造の最適化と適切な材料選択により製品の寿命を 5 万時間以上改善することに成功しています。

WiseChip は既にこの HyperfluorescenceTM発光技術を利用した OLED ディスプレイの量産供給を視野に入れており、市場拡大へ向け生産体制を構築中です。

お問合せ:info@kyulux.com

Kyulux-最終プレゼンテーション突破!「2019 Red Herring Asia Top 100」受賞

Kyulux はアジアにおいて将来性が有望視される企業、上位100社の中の1社として2016年に続き2度目の「2019 Red Herring Asia Top 100 Winners」に選出されました。

「Red Herring Asia Top 100 Award」は、アジアのベンチャー企業の中から、財務パフォーマンス、技術革新、事業戦略や市場浸透などを審査基準とし
今後の成長の可能性と革新性が高い企業トップ100を選出するアワードで1996年から開始され、過去の受賞者には、Kyuluxを含めGoogle、Facebook、Alibaba、Twitter、Xiaomiなどの著名な企業が含まれています。
Red HerringのCEOであるAlex Vieuxは受賞者に向け、激しい競争のなかでこの賞を達成できたことを誇りに思うべきだとメッセージを送りました。