WiseChip が世界初の 2.7 インチの 黄色 PMOLED Hyperfluorescence™ OLED ディスプレイを発表

台湾の PMOLED デ ィ ス プ レ イ ソ リ ュ ー シ ョ ン プ ロ バ イ ダ ー で あ る WiseChip Semiconductor Inc.-智晶光電股份有限公司は Kyulux の第 4 世代、HyperfluorescenceTM OLED 発光技術を利用した 2.7 インチの黄色 PMOLED ディスプレイ製品を発表しました。
これは、HyperfluorescenceTMディスプレイとして世界初の商品となります。

HyperfluorescenceTM/ TADF 材料のサプライヤーである Kyulux は、WiseChip と 2016 年からコラボレーションを開始しており、Kyulux が誇る第 4 世代の OLED 発光技術―HyperfluorescenceTMは、コストパフォーマンスに優れた長寿命かつ高純度の発色、更には高効率な発光と高品質を実現する究極の発光技術として注目されています。

WiseChip はこの HyperfluorescenceTM発光技術を採用することで、シンプルでありながら非常に高性能な OLED ディスプレイを実現することができました。

たとえば、2.7 インチ、128 x 64 ピクセルアレイのイエローHyperfluorescenceTM OLED ディスプレイは、PMOLED ディスプレイ技術の利点を生かし、同じ消費電力で一般的な蛍光材料を使用した時より 2.5 倍明るい 220nit を達成、なおかつ、デバイス構造の最適化と適切な材料選択により製品の寿命を 5 万時間以上改善することに成功しています。

WiseChip は既にこの HyperfluorescenceTM発光技術を利用した OLED ディスプレイの量産供給を視野に入れており、市場拡大へ向け生産体制を構築中です。

お問合せ:info@kyulux.com

LG Display, KyuluxのTADF材料を高評価

5月15日、LG DisplayはSID 2019のOLED Materials 2 (OLEDs) Session 33にて「TADF Based OLED Devices」の題目で発表を行い、そのなかでKyuluxのTADF材料を使用したデバイス特性を紹介しました。

LG DisplayはKyuluxのTADF材料が近年飛躍的に向上していることを示唆しており、実用化に向けた進展が確実に期待されています。

TADF10周年記念ー2019年8月 スペシャルワークショップが福岡(九州大学 伊都キャンパス)で開催

~Thermally Activated Summer in Fukuoka!~
2009年に九州大学で熱活性化遅延蛍光(TADF)が最初に実証されてからほぼ10年が経過し、この10年で科学分野において急速かつ驚くべき進歩が見られました。この夏、Opera(九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター)、i3-Opera有機光エレクトロニクス実用化開発センター)、株式会社Kyuluxは、TADFの誕生10周年を記念して、TADFの科学技術の最新の進歩と未来を共有すべく「第4回 国際TADFワークショップ」を開催します。
このワークショップでは、TADFと励起子材料、物理、そしてデバイス分野におけるさまざまなトピックについて紹介し、また、業界の研究者を対象とした次世代のディスプレイ技術に焦点を当てた「第2回 i3-operaフォーラム」も併せて開催します。私達はこのフォーラムが、フロンティアサイエンスと応用研究の相乗効果でビジネスインキュベーションの中心となることを期待しています。
全てのワークショップ第4回 国際TADFワークショップおよび第2回 i3オペラフォーラムへの参加(ショートプレゼンテーションおよびポスター投稿の発表者/著者を含む)には事前登録が必要です。
参加登録に関するお問い合わせはこちら:wg-tagf @ opera.kyushu-u.ac.jp

韓国サムスンディスプレイ&LGディスプレイ、Kyuluxと青色Hyperfluorescence™開発のJDAを締結

Kyulux, Inc., a global leader of TADF and Hyperfluorescence™ developer, has been engaged in a joint development focusing on blue TADF and Hyperfluorescence™ with LG Display Co., Ltd., from January, 2018.

In addition to LG Display, Kyulux has now executed a Joint Development Agreement (JDA) focusing on Deep Blue with Samsung Display Corporation. Both of two giant display panel makers in OLED, LG Display and Samsung Display have now selected Kyulux as a blue TADF and Hyperfluorescence™ joint development partner.

(さらに…)

Kyuluxとi3-OPERAが第3回国際TADFワークショップでTADF蛍光白色OLEDディスプレイのデモンストレーションを行います

Kyulux demonstrated a white OLED display that uses an orange TADF emitter combined with a blue fluorescence emitter. The novel display was developed in collaboration with the Fukuoka i3 center for Organic Photonics and Electronics Research (i3-OPERA) for demonstration at the 3rd International TADF Workshop in late July.

The display was designed by i3-OPERA and Kyulux provided the orange TADF emitter. This demonstration successfully showed the commercial viability of a TADF-based white OLED display. Kyulux and the i3-OPERA will continue the collaboration to enhance the performance and the lifetime of this display. The next step in this project is use only TADF emitters including a blue TADF emitter.

(さらに…)

KyuluxとWisechipがフレキシブル Hyperfluorescence™ パッシブマトリックスディスプレイを発表

Last week at the SID DisplayWeek in Los Angeles, CA, Kyulux demonstrated Wisechip’s latest flexible PMOLED display – that uses Kyulux’s Hyperfluoresence yellow emitter. The power consumption of this display, compared to Wisechip’s fluorescent yellow, is almost half!

The Wisechip flexible display is 42.22 mm  x 10.54 mm in size (1.71″ diagonal), with a resolution of 256×64 pixels. This display is now ready to be produced and Wisechip believes it will enter mass production before the end of 2018. If so this will be the world’s first HF (TADF) powered device!