TADFとは?

有機ELディスプレイの発光層は、電荷の再結合が起こり、有機材料の発光が起こる最も重要な層ですが、発光層は発光体とホストから構成され研究開発の主題となっています。

TADF分子は、一重項状態と三重項状態との間のエネルギーギャップ(⊿Est)が小さくなるように設計されていますが、 これにより励起状態エネルギー(三重項)から一重項へのアップコンバージョンを可能にし、一重項励起エネルギー状態から遅延蛍光として高効率な発光を実現することができます。また、TADFは現行の有機EL発光体の次の3つの主な課題を解決することができます。

  • 低コストでレアメタルを使用しないTADF赤と緑の燐光発光体
  • 効率的で長寿命な青色発光体
  • インクジェット印刷に適した効率的で長寿命な発光体