Our technology

Kyuluxは、TADFとHyperfluorescence発光体とホスト材料に焦点を当て、有機ELディスプレイと照明パネル用の材料を開発しています。 ホスト材料と発光材料からなる有機ELの発光層は、電荷が光に変換される有機ELパネルの心臓部であり、第一世代の蛍光有機EL発光体は、わずか25%しか電気を光に変換することができません。

第2世代の燐光発光体は100%の内部量子効率(IQE)を達成することができますが、レアメタルによるドーピングが必要で分子材料設計の自由度にも制限があります(青色燐光発光体はまだ開発されていません)。

2012年に初めて開発されたTADF(Thermally Activated Delayed Fluorescence)発光体は、希少金属なしで100%IQEを達成し、有機ELの第3世代として注目を浴びています。 TADF発光体は、2012年に九州大学の安達千波矢教授と彼の研究グループによって発明されました。

KyuluxはHyperfulorescence™技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescence™は、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の独占的ライセンスを保持しています。

Kyuluxの最初の目的は、市販の赤色、緑色および黄色のHyperfluorescence™/ホストの組み合わせを開発することであり、有機ELディスプレイおよび照明パネルで現在使用されている第2世代燐光発光体をHyperfluorescence™に置き換えることです。

高色域表示に向かうためには、狭いスペクトルの発光体が必要ですが、第1世代の蛍光発光体はRGBすべてを高純度で実現できる狭いスペクトルを特徴とするにもかかわらず、発光効率が著しく低いのが特徴です。また、現在広く普及している第2世代のレアメタルベースの燐光発光体は、高効率だがスペクトルが広く、色純度の低さと高コストが問題になっています。

Hyperfluorescence™は、高効率と狭いスペクトルをかねそなえ、究極の発光システムになると考えられています。

HF

=
高効率
+
狭スペクトル
+
高強度
+
レアメタルフリー
+
低コスト