TADFとHyperfluorescence™開発のグローバルリーダーであるKyuluxは、2018年1月からLG Display Co.Ltd.と青色TADFおよびHyperfluorescence™に焦点を当てた共同研究開発に従事しています。

このたびKyuluxはLG Displayに加えて、Samsung Display Corporationとディープブルーに焦点を合わせた共同開発契約(JDA)を締結しました。この締結により、Kyuluxは青色TADFとHyperfluorescence™の共同開発パートナーとして、世界をリードするディスプレイパネルメーカーであるLG DisplayとSamsung Displayの2社に選ばれたことになります。
KyuluxのCEOである安達淳治氏はこの契約締結に興奮しており、Kyuluxが2019年半ばに、AMOLEDに対して、青だけでなく赤と緑の世界で初めて商業的に実行可能なHyperfluorescence™を提供できると確信していること、同社が7月に発表した有望な青色材料の開発に成功していることをあげ、世界の主要メーカーと緊密に連携することで青色TADFおよびHyperfluorescence™の開発をさらに加速したい、と述べました。

契約の詳細については明らかにされていません。