11月13日(水)稲盛財団記念館(九州大学伊都キャンパス)にて、 Dr.チン・W・タン(第35回京都賞2019先端科学技術部門受賞 香港科技大教授・ロチェスター大学名誉教授)による京都賞受賞記念ワークショップ~有機ELの科学と技術:現在、そして広がる未来~開催されました。

タン博士と共に有機ELの世界を牽引してきた安達千波矢教授は、これまでのタン博士の30年の業績をたたえると共に、有機半導体エレクトロニクスの次の30年をどう切り開くかを議論しました。
式の終わりに、KyuluxのCEO安達淳治氏は安達千波矢教授(九州大学教授・Kyulux技術アドバイザー)と共に 今年10月にWisechipがプレスリリースした、世界初のHyperfluorescence™PMOLED製品のデモキットの贈呈を行いました。有機ELの生みの親であるタン博士は、30年の時を経て著しく進化したPMOLED発光パネルを手に今後の更なる発展への期待と将来の展望に胸を膨らませました。
京都賞について
「京都賞」は、科学や技術、思想・芸術の分野に大きく貢献した方々に贈られる日本発の国際賞で、「先端技術部門」「基礎科学部門」「思想・芸術部門」の3部門4授賞対象分野の専門領域において優れて顕著な功績を残した人物を対象とし、3つの部門の受賞者には、メダルやディプロマのほか賞金1億円が贈られます。