The team

安達 淳治

安達 淳治

代表取締役社長

大阪大学基礎工学部卒業後、松下電工株式会社入社。先端分野の研究開発成果の事業化に取り組んできた。94~96年米国MIT客員研究員として出向。帰国後燃料電池、有機太陽電池の開発に従事。2010年から九州大学で有機EL発光材料TADFの開発および実用化を推進。2015年株式会社Kyulux創設。

水口 啓

水口 啓

最高財務責任者

日米で通算30年間の投資経験を持つベンチャーキャピタリスト。半導体・IT・バイオ分野まで幅広い投資実績を持つ。2003年の設立時に参画した九州ベンチャーパートナーズの社長時代に総額30億円のスタートアップ専門のVCファンドを運用し、10年間でIPOを達成した投資先の時価総額合計は1000億円超。

Nicholas E. Brathwaite

Nicholas E. Brathwaite

社外取締役

元Flextronics,CTO。豊富な技術的専門知識で革新的な製品開発推進とFlextronics最大の事業部門立上げに携わる。
nChipの創設メンバー。WRVIキャピタルの創立マネージングパートナーおよびWRVキャピタルの創設パートナー。
高分子科学工学 修士 カナダ ウォータールー大学
応用化学 学士(優等学位) カナダ マクマスター大学

坂本 剛

坂本 剛

社外取締役

1989年九州大学工学部卒。2008年九州大学ビジネススクール修了(MBA)。大手・ベンチャー企業を経験し、2004年から九大知的財産本部において大学発ベンチャー支援を行う。2010年に産学連携機構九州代表取締役に就任。2015年にQBキャピタルを設立しQBファンド(約31億円)を運営。九州地域の大学発ベンチャーに投資を行う。

岡田 久

岡田 久

最高技術責任者

富士フイルムの有機EL事業の企画立案、開発体制構築、材料商品化製造の推進リーダとして活躍。 $105M の特許ポートフォリオ構築をリード。Samsung Display、Samsung綜合技術院でシニアフェローとして活躍後、AIRIにて知財に従事。20年以上有機EL材料の研究開発から事業化まで携わった専門家。

安達 千波矢

安達 千波矢

Co-Founder and Scientific Advisor

九州大学大学院総合理工学研究科 材料開発工学専攻博士課程修了(工学博士)。1991年に株式会社リコー入社。1996年、信州大学繊維学部機能高分子学科助手となり、1999年にプリンストン大学Center for Photonics and Optoelectronic Materials研究員。その後、千歳科学技術大学光科学部物質光科学科 助教授、教授を経て、2005年に九州大学未来化学創造センター教授、2010年に九州大学応用化学部門教授となる。2013年、JST ERATO 安達分子エキシトン工学プロジェクト研究総括。有機ELの材料開発で世界をリードしている。

 

Jeff Greene

Jeff Greene

法律顧問

経験豊富な法廷弁護士で、コーポレート法務(商業訴訟、法人取引、債務関連等)のエキスパート。
トランシルヴァニア大学
(1978年物理学、数学、コンピュータサイエンス)
ローズ奨学生
(1978年ケンタッキー/セントジョーンズ)
バンダ―ビルト大学ロースクール
(1984年J.D. )