株式会社Kyuluxは、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する「大学発ベンチャー表彰2019」において「経済産業大臣賞」を受賞いたしました。

今回はKyuluxの成長に支援・貢献した大学として「国立大学法人九州大学」、支援企業としてシリーズA・BともにKyuluxへ投資を行った「QBキャピタル合同会社」も同賞を受賞いたしました。

表彰式は8月29日(木)14:30~16:30に東京ビッグサイト青海展示棟Bホールで開催されます。また8月30日(金)の13:00~15:30には大学発ベンチャー表彰受賞社イベント「NEDOドリームピッチ・JOICセミナー」が行われ、Kyulux CEO 安達 淳治氏が受賞者ピッチプレゼンおよびパネルディスカッションに登壇いたします。

【受賞コメント】
株式会社 Kyulux 安達 淳治 代表取締役社長(CEO)
「この度は栄えある賞をいただき Kyulux メンバーを代表し、深く御礼申し上げます。これも一重に関係機関の皆様のご支援の賜であり、心から感謝申し上げます。今後は賞に恥じないようメンバー全員一丸となりHyperfluorescenceTM/TADF を商品化し、有機 EL の未来を創っていく所存です」

九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)センター長 安達 千波矢 教授(工学研究院)
「Kyulux の受賞大変嬉しく思います。TADF の商品化に向けて開発から販売まで社員全員が一丸となってゴールに向かって邁進して欲しいと思います。福岡から世界に向けて TADF の科学技術が羽ばたく瞬間を楽しみにしています!」

QB キャピタル合同会社 坂本 剛 代表パートナー
「この度の受賞、誠におめでとうございます。これもひとえに Kyulux の経営陣およびスタッフ、関係者のみなさまの日々の努力の賜物だと思います。当社のさらなる発展・成長、および有機 EL 分野における日本発イノベーションの創出を期待しています」

【大学発ベンチャー表彰~Award for Academic Startups~とは】
大学等(注)の成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、特にその成長に寄与した大学や企業などを表彰します。
本表彰は、大学等における研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業等から大学発ベンチャーへの支援等をより一層促進することを目的としています。

本表彰は、大学等における研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業等から大学発ベンチャーへの支援等をより一層促進することを目的としています。

下記リンクから外部サイトに移動します。
大学発ベンチャー表彰:https://www.jst.go.jp/aas/index.html

【イノベーション・ジャパン 2019 ~大学見本市&ビジネスマッチング~ 同日開催】

期間中の 8 月 29 日(木)~8 月 30 日(金)東京ビッグサイト青海展示棟 B ホールにて「イノベーション・ジャパン 2019~大学見本市&ビジネスマッチング~」 が開催されます。
Kyulux も受賞企業として同展示棟 B ホール、ブース No.UV-02 にて出展いたします。
是非お立ち寄りください。

https://www.ij2019.jp/

【Kyulux について】
2015年に設立された株式会社Kyuluxは、福岡に本社を置き、米国子会社(ボストン)のAI材料探索チームと有機ELディスプレイや照明に用いる次世代材料の開発に取り組んでいます。九州大学およびハーバード大学からライセンスを得た技術を基に、Kyuluxでは “レアメタルに頼ることなく、コストパフォーマンスに優れた長寿命かつ高純度の発色、更には高効率な発光全てを実現するHyperfluorescence™/TADF発光技術“ を開発しています。
私たちは世界初のHyperfluorescence™技術の商用化を目指し、全ての有機ELディスプレイの発光技術をHyperfluorescence™へ置き換えるというビジョンに向け前進しています。

記事に関するお問い合わせ先 info@kyulux.com