Kyuluxが誇る TADF/Hyperfluorescence™ 技術—それはコストパフォーマンス、効率、耐久性などこれまでのOLEDにはなかったすべてを可能にする世界初の技術です。しかし、私達が考えるKyuluxの最大の資産は私達の社員であり、会社とその技術は常に素晴らしい社員とチームワークによって支えられていることを忘れてはなりません。

Kyuluxの輝いている社員たちー今回は2019年4月に開発部統括部長に就任した小山田崇人さんにスポットをあててみましょう。

Dr. 小山田、Kyuluxへようこそ!

さて、まずはあなたのKyuluxへの第一印象を聞かせてください。

パイオニアでの期間を含めると、これまで約20年間デバイス設計の研究開発等に従事してきましたが、ここまで開発意欲を駆立てられる会社は初めてです。

九大発の有機EL材料開発ベンチャーというだけでかなりのインパクトがあることは確かですが、実際に現場に入ってみると、私の想像以上に発想力が豊で思いやりのあるメンバーが揃っています。メンバーは多国籍で構成されており、使用言語は英語のみならず中国語、韓国語、そして広東語が飛び交っており、これまで経験したことがない現場で四苦八苦しながらも毎日が楽しいです。

私が統括する研究開発グループは、大きく分けると合成・デバイスチームがメインになりますが、それぞれに優秀、且つ素敵なマネージャー、チームリーダーが配置されていてチームワークは抜群です。特に合成に関しては学生時代に経験して以来久しぶりの経験であり、分子設計、及び合成ルートの開拓など、日々交わされる研究員との議論や意見交換はとても新鮮で、そこから生まれる自由、且つ奇抜な発想がイノベーションとなりそれがビジネスに直結する、ベンチャーならではの経験ができていると思います。

出身はどこですか?おすすめのご当時フードを教えてください。

出身は北海道札幌市です。おすすめはやはりジンギスカンですね。4月に福岡に来るまでの間は、東京や山形にも住んでいましたが、山形の米沢牛は最高です!それに焼酎があれば文句なし。

福岡は美味しいものがたくさんあると聞いているので、これからじっくり堪能していきたいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか?

休日は家族で過ごすことが多いですね。これまで北海道→埼玉→東京→山形と転々としてきたので各地の観光スポットや食を堪能しながら家族で観光地巡りをしています。九州はこれからですね。

それ以外は創作活動が好きなので趣味のDIYに没頭しています。趣味の釣り、バイクのツーリングの為のパーツなども自作したりして楽しんでいます。

・・おっと、もちろん最近一番力を入れている”創作”はTADF関連ですけどね。

今までで一番印象に残った旅先はどこですか?

福岡へ来る前に家族旅行で行った、岩手県宮古市にある「青の洞窟」です。美しい海を遊覧船に乗って洞窟まで行くのですが、まさにそこは青に包まれた「青の洞窟」。夢のような景色でした。また、米沢から九州に移動する際に関門海峡を通ったのですが、壮大に広がる美しい景色は九州でのキャリアスタートの力の源になりました。

もしあなたが会社からなにかご褒美をもらえるとしたら・・?

オールKyulux材料の有機ELテレビがいいですね。子供に開発に携わったと自慢したいです。

あなたが思う人生で「最高の瞬間」とは?

私がやり遂げたいと思ったことを実現した時です。今は、チーム一丸となって全ての有機ELデバイスにKyuluxの材料を搭載していただくことです。そしてその最高の瞬間も間もなく!