有機EL市場

近年、有機ELテクノロジーはディスプレイ市場を席巻しており、スマートフォン、ウェアラブル、ラップトップ、TV他、数多くのデバイスやアプリケーションに採用されています。有機ELは、最高の画質を提供し、効率的で薄型、フレキシブルかつ透明なディスプレイの生産も可能にします。

フレキシブル有機ELディスプレイは近年多くのデバイスメーカーで採用されており、通常のガラスベースのディスプレイよりも軽量で耐久性があることに加え、設計の自由度があります。 2019年、企業は折りたたみ式ディスプレイの出荷を開始し、その素材の特徴からウェアラブル、スマートフォン、ラップトップなどにも使用されています。

また、将来的には巻き取り可能なローラブルで、しかも伸縮可能な有機ELにより、今日では想像もできない新しいタイプのデバイスが実現するでしょう。

 

有機ELディスプレイ市場は過去数年間で急速に成長し、2019年には約5億個が生産され、270億ドルを超える収益を生み出しました。市場は、スマートフォン、ウェアブル、ラップトップ、およびTV用の有機ELディスプレイに対する高い需要に支えられ今後も急速な成長を続けると予想されます。 DSCCは、2024年までに生産される有機ELパネルは年間約10億を超えるとし、売上高は500億ドルに達すると予測しています。

OLEDディスプレイの収益 2019〜2024年(ソース:2020 DSCC)

OLEDディスプレイの収益、2017〜2023年(DSCC)

モバイル有機EL市場は、現在2007年にAMOLEDディスプレイの生産を開始したSamsung Displayが独占していますが、Samsung Display に加え、LG Display、BOE、EverDisplay (EDO)、Visionox、Truly、AU Optronics (AUO), and JOLEDなど、多くのディスプレイプロデューサーが有機EL市場に参入しています。 同じく有機EL TV市場の成長は留まることなく、2024年には70億ドルを超える収益が見込まれています。現在主な有機ELTVプロデューサーはLG Displayですが、有機ELTVパネル(ディスプレイ)の需要が高まっているため、今後より多くのディスプレイメーカーがこの市場に参入していくでしょう。

 

有機EL材料市場

急速に成長している有機EL産業では多くの有機EL材料を必要とします。 DSCCによると、有機EL材料市場は2019年の約10億ドルからさらに上昇し、2024年には26億ドルに達すると見込まれています。有機EL市場は常に、より効率的な発光材料を必要としており、KyuluxのTADFとHyperfluorescence™テクノロジーは今日のディスプレイと比較してさらに効率的で長寿命な有機ELディスプレイの実現を可能にします。

(Source: 2020 DSCC)