イベントスポンサーの1社であるKyuluxはTADF/Hyperfluorescence™プロトタイプ発光パネルを展示し、自社の革新的な技術を紹介しました。

 KyuluxのCEO安達淳治氏は「Hyperfluorescence™の商業化に向けて」と題した講演を行い、有機ELの未来へ、よりダイレクトにアプローチしていることを示唆しました。

パネルディスカッションでは、各参加企業の開発分野で積極的にPRが行われ、最後は九州大学の安達千波矢教授の、OLEDのさらなる進展と「福岡有機フォトニクスデバイスシステムバレー」の発展を目指す言葉で締めくくられ、今年も盛況のうちに幕を閉じました。